Linux

2011年05月23日

Scientific Linux 6 の無理矢理インストール

  先週、Scientific Linux 6、256MBではメモリ不足だとインストーラに蹴られる、ので SL5 を入れた

  しかし、やっぱり SL6 にしてみたい。ふと、以前よくやった「操作性の良い環境の方でインストールを行い、その後に実機へハードディスクを戻して設定を行う・・・」というのを思い出したのでやってみた。

  とりあえず仮の環境で入れた後、チップセット(i815から440BXへ)の違いは誤差の範囲としても、ビデオカードの違いは致命的で下手をするとコンソールで何もできない可能性もあるため、ランレベル3で起動するようにした。

boot
  ブート中の画面。問題無く、ログイン出来た。無線LANも接続OK。コンソールが死んでもリモートからいろいろ行ける設定をして、ランレベル5で再起動。


x
  全然問題なかった。そういうものなのかな・・・以前はこんなに生易しい世界じゃなかった気がするのだけど、Linux や BSD の GUI って。コンフィグレーションを見ると、正しく Neomagic NM2200 で検出されてる。ちなみにインストールは Quadro2 MXR で行っている。


login
無事にログイン出来た。

sony-laptop: Sony Programmable IO Control Driver v0.6. sony-laptop: detected Type1 model input: Sony Vaio Keys as /devices/LNXSYSTM:00/LNXSYBUS:00/PNP0A03:00/device:0d/SNY6001:00/input/input4 input: Sony Vaio Jogdial as /devices/virtual/input/input5 sony-laptop: device allocated minor is 56 sony-laptop: Sony Notebook Control Driver v0.6.
dmesg に、ジョグダイヤルが見えている。

jogdial
ランレベル3でコンソールの切り替えに使えたら便利かもしれない。



と、ここまで来て気付いた(またか

こうまでしてインストールするのなら、xubuntu 入れた方が実用性があったかも・・・


nmi0066h at 19:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月18日

Scientific Linux 5.5 で無線LAN

以前、CentOS 5 を入れた VAIO PCG-XR1 を、 Scientific Linux に。

XR1
現状スペック:Pentium2-333/256MB/40GB
続きを読む

nmi0066h at 19:06|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2011年02月06日

厨二邪気眼系・・・謎ディストリ

  DistroWatch.comのプルダウンメニューで Solarisを選ぼうとして、1つ間違えたらこのザマだよ。

Sorcerer_1296928482461
ナニコレ、日本語のディス鳥デスカ?と思った。が、何かが違うwww

魔モソ法ダーンソレ?いや、これは「魔法 モダン ソーソレ」だ。

"Sorcerer"が「ソーソレ」って音読み・・・"Magic"は「魔法」に訳してあるのに・・・

っつか、「取り説」なんて略し方、どこで知ったんだw
続きを読む

nmi0066h at 03:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月07日

Ojuba入れてみたが…

だめだ、ぜんぜんわからねぇ…
ojuba

nmi0066h at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月05日

ポリタンクにYDL入れてあるんだけど

  マウスにボタンが1つしかないんだよな、ってMacintoshだから当たり前なんだけど。右の方を押したら、右クリックとかでなくて、基本的に構造的に1ボタン。それがMacintosh。

ADBマウスII
  昔のMacOSとかだと、長押しでとか、シフトキー系のどれかを押しながらクリック等でいけたんだけども、YDLはどうもそういう仕様ではないらしい。物理的な実体を持つ右ボタン(出来れば中とホイール)が必要らしい。

キーボード
  ついでに、キーボード。Appleではホームポジションのマークを中指で判別するらしく、DとKに突起があり、これが打ち間違いの原因となるので必ずキーボードを見る癖が付いてしまった。

そこで、ADB用の2ボタンマウス。
ADBモモ
  これしか、持ってないんだよな…ADBで2ボタンは。

  早速使ってみた。結論から言うと使えない。だた、右ボタンが何かに割り当てられている。一瞬「いける!」と思ったが、Xの範囲選択だった。って、まんま中ボタンじゃん。だよなあ、MacintoshってもXなわけだし。そこで再び、設定変えれば「いける!」と思ったのだけど、ポリタンクにはUSBマウスが使えるんだった…忘れてた。キーボードもUSBでいいのか。いままでの芋づるケーブルでの苦労とか…

ちなみに、Macintoshなのは青白ポリタンクまで。それ以降は、Mac。これ豆(ry

nmi0066h at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月24日

PPC601とLinux

 PowerMacintosh 6100/66av をYDL3.0にすべく、Debian消して挑戦した。
arch: exit
 しかし、どうやっても必ずこの表示で止まってしまう。残念。

いつか、PowerMacintosh 6100/66av にもYDLを入れたい。

Linux-PPC for NuBus Power Macs

nmi0066h at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月10日

VAIOにLinuxを入れた…

 ここでも書いたVAIOにCentOSを入れて、とりあえず現サーバのバックアップとして稼動させているのだが、madwifiを入れた後に dmesgを眺めていたら、もういきなり冒頭でおかしな文字列を発見!
Detected 97.233 MHz processor.
あ?Pentium2-333なんだけど。
$ cat /proc/cpuinfo processor : 0 vendor_id : GenuineIntel cpu family : 6 model : 6 model name : Mobile Pentium II stepping : 10 cpu MHz : 97.261 cache size : 256 KB fdiv_bug : no hlt_bug : no f00f_bug : no coma_bug : no fpu : yes fpu_exception : yes cpuid level : 2 wp : yes flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 mtrr
pge mca cmov pat pse36 mmx fxsr up bogomips : 194.52
ほう…どうしたものか。

 元々VAIO XRのBIOSにはCPU内蔵キャッシュがオフのままという、一度でも電源を入れて使えば気付いて当たり前のバグがあった。今回の不具合は、Windows系OSを入れれば、どこか特定のポートを操作したときに正常化するものなのかもしれない。再起動に10分程度かかるのはこれが原因だろう。

nmi0066h at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月07日

オレに構わず逃げろ!

そんなAAを連想してしまった。
普通はいったんもめんだろうか、そんなことを思ったStressLinux
stress
どうやら負荷試験的なものを行う専用ディストリ。

_________________________
    <○√
     ∥ 
     くく
しまった!ここは糞スレだ!
オレが止めているうちに他スレへ逃げろ!
早く!早く!オレに構わず逃げろ!
改めて見るとぜんぜん違うかw


 自鯖でDDNS更新、twitterボットやファイルサーバとか行っているのだけど、いい加減バックアップを用意しようと『タイマー発動前に不具合出まくりで今だったら回収騒ぎになっているのは必至なノートPC』にCentOSをネットワークインストール。この程度のバックアップになら同じRedhatベースのYDLを入れたポリタンクG3でもいいが、これは6100にLinuxを入れる足がかりに。

 で、後悔中。

 ノートPCの鯖は意外と場所を取る。箱型と違って物の下敷きには出来ない上に、排気口に変わったギミックがあるために閉じたままの稼動が出来ない。どこへ置けば…って考えていたらだいぶ前から使っていないDELL製PCが余ってるのを思い出したよ~

nmi0066h at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月06日

紆余曲折の末、Yellowdog

 とりあえず、Yellowdog Linuxのスクショ。
YDL62

 遅いG3MacでEnlightementはきついわ…おまけにRage128対応ドライバが無くて、タダのフレームバッファになっている。runlevel3で使うからべつにいいけど。

nmi0066h at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年12月03日

国外における萌え

 DistroWatchで見たMangakaをインストールしてみた。
mangaka-chu
壁紙には元ネタの分かるものと分からないのいろいろ入ってました。中には、著作権的にどうなのよ、って動画も。動画の感じからして、PSPとの連携みたいのもありそう。頑張れば日本語化出来ると思います。アプリはGoogleのが揃っていて、メニューにExcelってあったので実行したところ、OOoCalcでした…まぁ、そうだよね。

 はまり所として、インストール時に日本を選択していると文字入力の可能なところでは、デフォルトで漢字変換モードになっています。そのため、rootパスワードの入力に失敗しまくり!!入力モードの確認しろよ>俺

nmi0066h at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)