電子工作

2013年03月02日

久々に八潮方面

走っていると飛ばされそうな北西の風が吹く中、八潮の秋月電子へ。

まとまった数のLEDが欲しかったので、以前に数種類の色を買った『200個100円』のLEDがあったらいいなー、と。

1円LED

100円のLEDは無かったけど、200円でありました。発光色不問で、モールドはクリアか白色がよかったけど、まあ仕方ない。
白色角型で色不明のがありました。余裕があれば買いたいなあ。

店頭にちょと難あるCR2032があり、絶縁体の辺りの腐食が少な目のを択んで控えめな個数購入。

SCPH-4000

ポケットステーションを発掘し、電池をセット。うむ、動く。
しかし、これ、使い道が。確か、電車でGoにミニゲームとかあったと思う。ただ、速効で電池切れになった記憶だけがある。

ふと思った、赤外線通信機能を使って、カメラのリモコンに出来ないかな。
でも、開発環境をどこやったかなあ・・・

nmi0066h at 17:55|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2012年12月16日

一般家庭で需要あるの?ミノムシクリップとか…

ダイソーで、ミノムシクリップが単体で売ってるんですが・・・家庭用とか書かれてるし。

mino

だいぶ前から、ファストン端子やギボシ端子を置くようになったんだけど、その延長線上なのかな。

nmi0066h at 17:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年11月10日

同じ型番で、新しいニッパー

だいぶ前にスプリングがダメになって使いづらくなってたニッパー、もう20年くらい前から使っているんじゃないだろうか。

調べたら同じ型番の物がいまだに存在していて、カタログを見ると刃先の形状が同じだったので購入に踏み切りました。

N-31

しかーし、グリップが随分としっかりした物に変貌しており結構重くなっていた・・・最早、別物。
重いっても40gなんですが、仮に以前の物から5g重くなっていれば1割以上の重量増加なわけで。

nmi0066h at 13:42|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年09月18日

秋月のテスターを買ってみた

『電圧と電流が測れればいい』、とゆー条件で一番安そうなのを購入しました。

a01
1000円テスターのわりに、今使ってるのよりも周波数が計測できるだけ高機能。
続きを読む

nmi0066h at 02:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年04月20日

コンプしたかも!

Y
ついに、黄色を入手しました。

夢が広がりんぐwww

nmi0066h at 22:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年03月18日

今日の改造

太陽電池の付いたアレと一緒に買っていた物、このLED部分と太陽電池のを一緒に出来ないかと考えて。

部品取りにと考えていたので、まず分解。
light
こんな感じ・・・仕様を見ないで買ったもんだから、バラして電池4本の仕様にビックリ。
さらに、白い部品はタダのボール紙だったのに感心。

しっかし、大丈夫なのかな。20Ωの抵抗だけで白色LEDを3並列とか・・・大丈夫なワケないよなあ。
短時間の点灯でもLEDが焼けてダメになりそう。怖くて動作を試すことはせずw
続きを読む

nmi0066h at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月29日

自転車のライト改

あの事件以来、ダイソーを「パーツショップ」として見るようになりました。
ここで売られているものは素材であり、完成品ではないと。

but本題へ…

最近、自転車のライトの調子が悪く、調べてみると暗くなると点灯させる回路基板のどこかが経年劣化でダメになりつつあるのと同時に、ハブダイナモも電球を明るく点灯させるだけの出力が得られなくなっていました。試しに白色LEDをつなぐと十分に明るく点灯したので、LED化をしてみることに…

ライト部分には手軽に入手できるダイソーのLED懐中電灯を使います。白色LEDが3個も使われていて配線も基板で加工もし易く、素材としては非常に優秀です。
続きを読む

nmi0066h at 16:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年12月18日

210円で安い!と思ったのは間違いだった件

秩父の山奥とかにバイクで行くと、当然のように電波状態が悪く携帯電話のバッテリー消耗が激しい。そんな山奥でも簡単に充電出来たらと思って作った。

ゆにっと
ちょっとゴツいことに・・・
安全を重視し過ぎて余計な回路を入れたため部品代だけで1,000円くらいかかってしまった。

バイクに接続して動作を確認し、いざ隙間にと思ったらぜんぜん納まらない。入力回路周りが無ければギリギリ納まったかもしれない・・・バッテリーなんだから、ここは全く不要な回路だ。

作って見たものの、出掛けるような季節でもなくなり、あまり使わないだろうなあ~などと思うように。
続きを読む

nmi0066h at 01:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年11月15日

定電流ドライバの制御をしてみる

  と、制御の前に、3WのLEDに拡散キャップを付けてみたのだけど、予想以上に危険だった。明るさが満遍なく、目の逃げ場が無い。真横からの直視も危険。

で、制御をするために可変抵抗を用意。
capon

続きを読む

nmi0066h at 22:15|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年10月28日

1行液晶から得たもの

使おうとして取り出したら、なにやら違和感。

DMC1611A_f
大丈夫なのかな、グニャってw
続きを読む

nmi0066h at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月15日

懲りずにメータパネルもLED化

前回の想定されたガッカリをバネに、メーターパネルの1.7W球もLED化することに。

ACで点灯するため、全波整流し、もう少し電流を流して脈流で暗くなるのを抑え、そしてLEDは2個に、という方向性で。
続きを読む

nmi0066h at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月14日

ウェッジ球もLEDに

他の事で使う予定だった白色LEDが20個ほど余ってしまい、用途がないものかと考えていた。

そして、14年物のバイクには4個のウェッジ球が使われてい、これらをLEDにしてみよう。ほとんどスポット配光のLEDだけど、インジケータなら見る方からもほとんど正面だし、拡散させるレンズ越しになるから大丈夫だろう、と。

01
余り基板を切り出してウェッジ球と並べて見る。ウェッジ球の電極部分が、基板と同じような厚みだったので楽に作れそう。

続きを読む

nmi0066h at 22:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月11日

ウィンカーのLED化・その2

第二弾、以前の物よりも電球に近い明るさが得られ、安価である。後は少々の手間。

続きを読む

nmi0066h at 00:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月05日

ウィンカーリレーのIC化っていう

  ありがちだけど、点滅周期が負荷(電球)によって変動するウィンカーリレーから、負荷に関わらず一定の周期で動く仕様の回路への置き換え。いわゆるウィンカーリレーのIC化。


LED化した際にウィンカーリレーのままでは次の問題点がある
  • 電球と同じ電力を消費するようにダミー抵抗が必要
  • LEDユニットを別規格のものへ交換する場合には抵抗値の再調整が必要
  • フロント側もLED化する際には抵抗値の設定が必要
  • ダミー抵抗を狭いウィンカーユニット内に収めるのがとても大変
  これらはIC化することで解消される。


ウィンカーリレーをIC化する際に生じる問題点
  • 信頼性・・・まー、そうだよな。自分を信じろw
  • 耐久性・・・経験から、なるべく対処したいところだけど。
  • 後方側の球切れが発生した場合、気づきにくい・・・というか、気づかないでしょ。心眼でとか、察しろとか無理
  ちょっとこれらを解決するのは難しい。まさに自己責任の領域。


続きを読む

nmi0066h at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月04日

3W白色LEDのテストの続き

昨日の続き。

再び、ウィンカーの回路を組み立て・・・って、今見たらウィンカーリレーの記事、公開設定になってなかったw

LED
点灯しているだけよりも、点滅の方が体に悪そう。こんだけ光の強度があると、パカパカと同じくらいやばいかもw

アナログオシロの画面だけで気分が悪くなっていたKさんだったら、確実に卒倒してるレベル。
続きを読む

nmi0066h at 23:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年10月03日

3W白色LEDのテスト

基板付3W白色LEDを液晶プロジェクタに使おうとしてたけど、点光源だとアレなんで放置していた。

バイクのウィンカーに使えないかとも考えたのだけども、別のLEDで作ってしまっていたので死蔵状態だった。

3W用のドライバモジュールが出ているのだけど、定格での点灯はプロジェクタみたいに排熱が考えられている環境なら問題ない。ウィンカーみたいな閉鎖空間での発熱は避けたいところ。

そこで1W3個直列用のドライバモジュールなら、電流値が半分で発熱も抑えられるのではないか、定電流式なのだからLEDの直列数は関係ないだろうと。さらには、LEDの寿命も延ばせるのではないか。

3W
結果は、問題なし。テスターの表示はVf。接続を変えてLEDに流れている電流値を見ると340mA、ほぼモジュールの仕様通り。真横の角度から横目で見てても残像が残るし、これだけでも部屋が明るい。もっと少なく200mAくらいでも十分なんじゃないかなあ。

ただ、やはり、5分間の連続点灯をすると火傷するほどではないが熱くなる。

このくらいの発熱ならウィンカーに仕込んでも大丈夫かも。後日実験してみたい。うまくいけば、以前に作った物とあまり変わらない費用で、さらに実用的なものに出来る。

nmi0066h at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)