無線LAN

2011年12月11日

いまさらWEPを使う

ちょっとニンテンドーDSをインターネットに接続する必要が出たのだけど、自宅でWEPは全廃したため接続できない。

そこで、以前使っていたUSBアダプタWLI-UC-Gを持ち出してみたところ、AOSSでの設定は正常終了するんだけど、直後の接続テストではエラー・・・「AOSSで無線接続は完了しますが接続テストで失敗します」を見ながらやるも、何も改善せず。

挙動がよくわからないアダプタに頼るのも時間の無駄なので、不本意ながらWEPの無線LANアクセスポイント再び。


現在、自宅で使っているルータ兼アクセスポイントWR8700Nには複数(といっても2つまで)のSSIDと暗号化を設定できるため、WPA2とWEPを同時に使う事も出来る。しかし、WEPの設定を入れたまんま連続稼働とか有り得ない御時勢。WEPの接続を使うたびにルータにログインして設定オン、使い終わったらルータに・・・やってられんわあああああw

そこで、以前アクセスポイントとしていた無線LANルータWN-G54/R2をWEPにして、使う時にLANケーブルでつなげばよいな~、と考えたものの、WEPでの接続を使うたびに机の裏を手さぐりでケーブルを手繰り・・・あああああ、もう考えただけで面倒臭い。


などと妄想していたら、ピコーン(AA略)
続きを読む

nmi0066h at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月18日

Scientific Linux 5.5 で無線LAN

以前、CentOS 5 を入れた VAIO PCG-XR1 を、 Scientific Linux に。

XR1
現状スペック:Pentium2-333/256MB/40GB
続きを読む

nmi0066h at 19:06|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2009年12月12日

ファームアップ失敗

 なんか出た、と思いきや…
fon_dead

 素直にシリアルコンソールとtftpでやるか。

nmi0066h at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

DD-WRTのファームアップデート

 ブラウザから出来るらしいので『やってみた』というか、まだ実行中。
fon_firmupdate
 1200秒待ちから、カウントダウン開始。

nmi0066h at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月26日

DD-WRT に戻る

 OpenWrt はどうやってもクライアント側として接続できなかった。いろんなパッケージが用意されていて面白そうなだけに残念だが、アクセスポイントとして用いる場合には便利に使えるように思える。提供されているパッケージに xeyes まであってワクワクする。それと、日本語化パッケージもあるのだけど、現状ではこれをインストールすると管理画面にアクセスできなくなって、コマンドラインで削除をしなければならなくなるようだ。

 そんなわけで、いちばん接続できる可能性がある DD-WRT に戻った。最新ファームでは、放置しておくといつの間にか接続できている、という現象が出ている。どのくらい放置すればいいのかは、まだ分かっていない。

 続いて、DD-WRTのスクショ。

続きを読む

nmi0066h at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月25日

OpenWrt の前に

 X-Wrt を入れてみた。OpenWrt にウェブブラウザのインターフェイスを付けるものだったと思うのだが、いつの頃からかシステム丸ごとあったので入れてみた。
続きを読む

nmi0066h at 11:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月24日

fon + DD-WRT で

fon には DD-WRT を入れあり、これを利用しイーサネットコンバータ化する。
続きを読む

nmi0066h at 06:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月23日

久しぶりにfon

ping で反応はあるのだが接続できず、フラッシュがこんな短期間に消えるわけもなく、
なんなのかよくわからないので、開けてシリアルコンソールでいじる。
FON2100E
Firefox で行ったら管理画面出た。プニルの IE8 がナニなのか。すべて IE7 互換モードにしとこう。


nmi0066h at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)