奥多摩

2012年08月19日

小河内ダムでダムカード

小河内ダムのダムカードを、ついにゲット!

card
元々、国土交通省所管のダムで配布を行っているのですが、久しぶりに一覧をダウンロードすると更新されていて
東京都のダムである小河内ダムが載っていたので、これは行くしか・・・
続きを読む

nmi0066h at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月12日

万世橋の件

多摩川に架かる万世橋。

万世橋
ここから千代田区の万世橋まで流れ着くことは出来ない。

nmi0066h at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

都内最大のヤツ

ここの駐車場に隣接する施設はよく寄っていたのだけど、ダムの方は行ってなかった。

ダム0
駐車場からだと、向こう側まで1kmくらいあるかな。

続きを読む

nmi0066h at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

この浮橋に行くには

バイクで青梅方面から来る場合、

minedani
赤い峰谷橋(この写真だと向こう側が青梅方面)を渡って、右コーナーの先にあるトンネルを抜けて直ぐ左折。

tunnel
この背後が浮橋のあるところ。トンネルの向こう側は峰谷橋。

車だと左折して直ぐの場所は広くなく普通に道路なので、駐車出来ない可能性が高く、峰谷橋を渡る前の交差点で右折した場所にある駐車場に置く方が無難。

小袖鍾乳洞の話で思い出しだけど、峰谷橋って前から赤かったかな。なんのインパクトも無い橋だったと思うのだけど。

nmi0066h at 21:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

麦山の浮橋

麦山浮橋。ドラム缶橋で有名な方。

uki11

uki12
木製の床。結構安定感がある。ウキの取り付け方向に関係するのかも。
「ギシギシ」ではなく、「ガコガコ」と鈍い音がする。

uki13
向こう側。

uki14
ちいさな魚がいっぱい。

uki15
斜めの手すり、よく見たら水位に合わせて移動するガイドレールだった。

nmi0066h at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

次の浮橋へ行く前に

その前にちょっと寄り道。

mito01
三頭橋。

mito02
先週のコンデジが納得できなかった。こっちの構図で右奥に深山橋を撮りこんだ。

nmi0066h at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

留浦の浮橋

東京都に入ってすぐ、留浦(とずら)という所になる。
そこには浮橋(ドラム缶橋)がある。

uki01
駐車場から少し下りると直ぐに見えてくる。

uki02
注意書き。
今日は若干風がある。下流側(東方向)からの風。

uki03
橋は鉄板だけど、穴から下が良く見えて薄さの演出がいい。
これが意外と揺れる。揺れるとき「ギシギシ」と音がするから、そう感じるのかもしれない。

uki04
渡りきったところ。右が下流(都心方向)、左は丹波山方面。

nmi0066h at 20:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

奥多摩の奥、丹波山

燃料満タンで往復できる距離なのでよく走りに行っていた丹波山のあたり。先週も奥多摩行ったけど、やっぱいいわ奥多摩ってことで。

道の駅が出来たっつーので、行ってきた。

eki01
吊り橋。

eki02
あまり揺れない、ガッチリとした吊り橋。向こうに温泉がある。

eki03
カッコイイ橋脚。ザゼンソウみたい。
今日は出遅れて時間があまり無くて残念。いろいろ遊べるところがあるのに…

omatsuri
お祭。

kamozawa
鴨沢橋。山梨県と東京都の県境。これを渡ると東京都。

ここにはだいぶ昔にも来た。たぶん現在は入れない小袖鍾乳洞というのがあって、そこへ行くために。当時も危険な鍾乳洞だと感じたから今はもっと危険だろうなあ。

nmi0066h at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月07日

奥多摩での

気になったモノ。

01_法面
表面に金網。登るなってことかな(そんなワケないって…無くても登らんけど。

02_法面
でかい。上と下でマス目サイズが異なる。

03_法面
フサフサ系。

04_法面
ぐにゃり。見えない何かで押された感じ。

05_法面
うわー、初めて見た
。叫びのようなものを感じる。

06_法面
立て掛け。

07_中身
これって、中身は何?
簡単に開けられるようになってたけど、開けなかった。

08_神社
階段を登ると、神社。猿、かわいいなあ。

10_小河内ダム
小河内ダム。今日は寄らない。この水が減り始めると、東京都は危険な状況にある。

09_浮橋
下流側のドラム缶橋、もうドラム缶じゃないもん橋。ここも今日は寄らない。

11_三頭橋
三頭橋。

12_麦山橋
ドラム缶橋の写真でも見えている、オレンジ色の麦山橋。

13_峰谷橋
峰谷橋、緑の山との対比がすごいインパクト。あー、こういうの撮ってると手ぶらで来たのを激しく後悔。この辺は大岳鍾乳洞までの距離のほぼ2倍あるんだよなあ。

さっきのドラム缶橋に行くには、この峰谷橋を渡ったところ(奥多摩駅方面からだと渡る手前の交差点を右に)に駐車場があるので、そこから徒歩でね。

nmi0066h at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月06日

続いて、三ツ合鍾乳洞

三ツ合鍾乳洞へは、大岳鍾乳洞へ行く行程の手前で分岐する。

01_林道入口
橋を渡った左方向が麓方面、手前が大岳鍾乳洞方面です。

02_川で鱒釣り
橋の下では釣りしてました。

03_いい天気
運転に自身の無い人は、ここに駐車しましょう。道路は突き当りまで安定した舗装路ですが、道幅の難易度が大岳鍾乳洞の比ではありません。

ちなみに、この辺りがauの限界です。
続きを読む

nmi0066h at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

一度は行っとけ、大岳鍾乳洞

距離的に羽田空港やJAXA地球観測センターよりほんの少し遠い、大岳鍾乳洞へ。

奥多摩方面にはいくつかの観光鍾乳洞があり、中でもこの大岳鍾乳洞は、アクセスの悪さ(バスで行くと結構歩くはず)、内部の狭さ(立って歩けない)では群を抜いている。

01_赤い欄干
朱の欄干が見えたら、手前で左折。

ここから現場までの道は自動車1台分の幅です。すれ違いの出来る場所が結構あり、バックの苦手な人は早めに待避所へ。行程の半分は未舗装で、スタックするほどの箇所はありませんが、車高の低い車は確実に擦ります。

02_案内図
途中、砕石工場の中を2度通過します。ここは直角コーナーの場所で、直進すると砂利山に入ってしまうので注意したい。土曜や平日は工場が稼動しているため、ダンプの往来にも注意。

03_トンネル下側
案内図にもあるトンネル。

03_砕石
トンネルの右側。

05_トンネル上側
トンネルの上側出口。

04_トンネル内部
ちなみに、トンネル内はこんな感じ。もう少し薄暗い。
続きを読む

nmi0066h at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)