ニコン

2013年09月16日

今日の月

相変わらずピントを合わせるのが大変。風が強くてブレるし。

luna
何十枚も撮って、ブレてないものがほとんど無い状態だった・・・

今回は有線リモコンを使って撮影しました(ニコン純正の赤外線リモコンが壊れてそのまんまなので

有線の良い所は、挿すだけで普通のシャッターボタン同様に使える所。
赤外線リモコンはリモコンを使用するモードにする必要があって、これが意外と面倒。電源切ると忘れちゃうし。

りもこん
しかしこのリモコン、安物過ぎて問題が有ります。
半押しのクリックが分かり難く、コネクタがご覧の通りプラ製な上に粗雑な成型で、スムーズに挿抜出来ません。

純正リモコンはコレの2倍くらいの価格(2倍と言っても2800円ほど)ですが、安物を買って使い捨てにしたり、
カメラ本体を破壊してしまうリスクを背負うより、ちゃんとした純正を買った方が良いです。

nmi0066h at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月06日

Capture NX 2のバグ

早く直して。と言うか、いい加減直せないのかなあ。

bug
WindowsのUIに余計なもの被せてるからバグり易いのかな。だとしたら、標準のでやってくれよ。
見た目にこだわるのはバグを無くしてから頼むわ。

nmi0066h at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月28日

オープンソース Nikon Camera Controlの件

先日は全く動作しなかったのですが、別のWindows XPパソコンに入れたら動く・・・
「どーゆーことなのー???」と、なにやら動かない方がどうかしてる状況のようで。
続きを読む

nmi0066h at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月23日

Nikon Camera Controlというソフトウェア

Nikon Rumors紹介されていたNikon Camera Control open source project なのですが、これって動くのでしょうか?

err

日本語版 Windows XP じゃダメとか、そういうの?

イベントログ見てもイミフな。
アプリケーション:CameraControl.exe フレームワークのバージョン: v4.0.30319 説明: ハンドルされない例外のため、プロセスが中止されました。 例外情報: System.Windows.Markup.XamlParseException スタック: 場所 System.Windows.Markup.XamlReader.RewrapException(System.Exception, System.Xaml.IXamlLineInfo, System.Uri) 場所 System.Windows.Markup.WpfXamlLoader.Load(System.Xaml.XamlReader, System.Xaml.IXamlObjectWriterFactory, Boolean, System.Object, System.Xaml.XamlObjectWriterSettings, System.Uri) 場所 System.Windows.Markup.WpfXamlLoader.LoadBaml(System.Xaml.XamlReader, Boolean, System.Object, System.Xaml.Permissions.XamlAccessLevel, System.Uri) 場所 System.Windows.Markup.XamlReader.LoadBaml(System.IO.Stream, System.Windows.Markup.ParserContext, System.Object, Boolean) 場所 System.Windows.Application.LoadBamlStreamWithSyncInfo(System.IO.Stream, System.Windows.Markup.ParserContext) 場所 System.Windows.Application.LoadComponent(System.Uri, Boolean) 場所 System.Windows.Application.DoStartup() 場所 System.Windows.Application.<.ctor>b__1(System.Object) 場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall(System.Delegate, System.Object, Int32) 場所 MS.Internal.Threading.ExceptionFilterHelper.TryCatchWhen(System.Object, System.Delegate, System.Object, Int32, System.Delegate) 場所 System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeImpl() 場所 System.Windows.Threading.DispatcherOperation.InvokeInSecurityContext(System.Object) 場所 System.Threading.ExecutionContext.runTryCode(System.Object) 場所 System.Runtime.CompilerServices.RuntimeHelpers.ExecuteCodeWithGuaranteedCleanup(TryCode, CleanupCode, System.Object) 場所 System.Threading.ExecutionContext.RunInternal(System.Threading.ExecutionContext, System.Threading.ContextCallback, System.Object) 場所 System.Threading.ExecutionContext.Run(System.Threading.ExecutionContext, System.Threading.ContextCallback, System.Object, Boolean) 場所 System.Threading.ExecutionContext.Run(System.Threading.ExecutionContext, System.Threading.ContextCallback, System.Object) 場所 System.Windows.Threading.DispatcherOperation.Invoke() 場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.ProcessQueue() 場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.WndProcHook(IntPtr, Int32, IntPtr, IntPtr, Boolean ByRef) 場所 MS.Win32.HwndWrapper.WndProc(IntPtr, Int32, IntPtr, IntPtr, Boolean ByRef) 場所 MS.Win32.HwndSubclass.DispatcherCallbackOperation(System.Object) 場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall(System.Delegate, System.Object, Int32) 場所 MS.Internal.Threading.ExceptionFilterHelper.TryCatchWhen(System.Object, System.Delegate, System.Object, Int32, System.Delegate) 場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.InvokeImpl(System.Windows.Threading.DispatcherPriority, System.TimeSpan, System.Delegate, System.Object, Int32) 場所 MS.Win32.HwndSubclass.SubclassWndProc(IntPtr, Int32, IntPtr, IntPtr) 場所 MS.Win32.UnsafeNativeMethods.DispatchMessage(System.Windows.Interop.MSG ByRef) 場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.PushFrameImpl(System.Windows.Threading.DispatcherFrame) 場所 System.Windows.Threading.Dispatcher.PushFrame(System.Windows.Threading.DispatcherFrame) 場所 System.Windows.Application.RunDispatcher(System.Object) 場所 System.Windows.Application.RunInternal(System.Windows.Window) 場所 System.Windows.Application.Run(System.Windows.Window) 場所 System.Windows.Application.Run() 場所 CameraControl.App.Main()
英語圏では動いてるらしいんですが・・・

nmi0066h at 19:51|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2012年04月15日

びろーんの対策

「VR18-200」といえば、びろーんで有名な便利ズームなわけで。

これまでは普通の輪ゴムで対処していたのですが、溶けるのが怖いので使わないときには取り外していました。

他に良い方法は無いのかと思って調べたところ、他の方法などあるわけもなく。
しかし、ポリウレタン製の輪ゴムを使用しているケースをいくつか見つけました。そんな輪ゴムがあるのか!

「ポリウレタン製なら、普通の輪ゴムの様に溶ける事も無いだろうから、付けっぱなしにできるのでは?」と考え、
とりあえずダイソーへ・・・(無ければ、その先にあるLIVINオズ大泉へ行くつもりで
01
これだ!日本製ではなかったのが、不安と言えば不安ですが。
続きを読む

nmi0066h at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月21日

ニコン用赤外線リモコンの案

あの後、楽に改造出来る物は無いかと。

改造が楽な条件として
  • ケースに電池ホルダーが付いている
  • 赤外線LEDが付いている
  • 送信スイッチが付いている
だ。送信してるよ~的な表示をするLEDが付いてると、なお良い。

もう、何から何まで付いている状態の物、それは元々リモコンしかないだろう。

続きを読む

nmi0066h at 22:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年02月14日

ニコンの赤外線リモコンで起こる不具合

精度の悪い工場で作ったロットなのか、そもそもリモコン自体が消耗品なのか。

ML-L3
問題の品、ML-L3です。ヨドバシカメラで買ったので偽物ではないと思うのですが。

丸いところがレリーズボタンになっていて、Nikonの文字の辺りにリチウム電池が納まる構造です。
続きを読む

nmi0066h at 21:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年01月02日

今日の月

強風で望遠鏡が揺れて撮るのは無理かなと考えていたら、風が弱くなったので撮影。

luna
半月過ぎると明るい。すぐ左に木星が出ているのだけど、望遠鏡で見ると月明かりの影響が出ていた。
続きを読む

nmi0066h at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月21日

Capture NX 2 の新機能、アストロノイズリダクションの威力

昨日、Capture NX 2 のアップデートが発表され 2.3.0 になりました。
恐らく、本当の目玉は「やっと64bitネイティブになった事」だと思いますが、私には関係ないので・・・

追加機能の「アストロノイズリダクション」というのが目に留まりました。
長時間露出で星を撮影した画像に現れる、輝点ノイズを低減する [アストロノイズリダクション] を追加しました。
もしや、これは・・・と思い、早速試してみました。

いきなり星の写真じゃありませんが、奥の脚(本当は脚じゃありませんw)に輝点ノイズが出ています。
orig
※サムネイル表示では輝点が見えませんので、写真をクリックしてください。
続きを読む

nmi0066h at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月07日

SB-400をもう少し便利にしたい

ニコンの場合、スピードライトと呼んでいる外付けフラッシュ。そのSB-400の件。

issyo
「18-105VRレンズキット」よりも安くなっていたため衝動買いした「アニバーサリーキット」に含まれている、オマケちっくな雰囲気を醸すスピードライトなのだが、手軽にバウンスも出来て意外と便利なのだ。

これを、スレーブユニットとして使用出来ないものか考えている。
続きを読む

nmi0066h at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月10日

インターバルタイマー撮影の機材を作る

だいぶ前に作っていて、とっくに公開設定にしたつもりでいた・・・
続きを読む

nmi0066h at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)