2013年09月19日

都電の仕様変更に気づく

7022号車のテカテカを確認すべく、車両検索で調べると三ノ輪橋行向原だったので、これは絶好のチャンス。

9002
おっと、その前に9002号車だ。しかも、大塚駅前で折り返し。


7018
うーん、光の具合からしても南口側で待ってた方が良かったかな・・・

70189002
折り返して荒川車庫前行き。
この後に7022号車が来るはず。

7022
やっぱり、テカテカだよ。
塗装が新しくなってるのか、ワックスがけしたのか・・・再塗装&ワックス?(そんな手間掛けないか
しかし床下機器はそのままか。

比較のために、先月の7022号車の同じ面。
70228
8月中旬、地表面からの熱でモヤモヤした写りになっているけど、それを差し引いてもなんか違う。
半光沢な感じで、色も違うような・・・って、イチョウの位置が違う?
以前はイチョウとヘッドマーク取り付けのブラケットが重なっていたのだけど、再塗装でそれを解消したようですね。

よく見たらパンタグラフの仕様も変わっていますね。架線と接触するスライダー両端のホーン先端部に、
7022号車の山吹色みたいな色で塗装されています。

過去の写真を見ると、どうやら7月下旬から一部の車両のパンタグラフに塗装が始まっていました。
一ヶ月以上も気づかなかった・・・


nmi0066h at 22:23│Comments(0)TrackBack(0) 日々のできごと 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字